おすすめのトッピング

半熟玉子豚骨ラーメンでもおすすめのトッピングというと、半熟玉子があります。豚骨ラーメン以外のラーメンにも合うトッピングで、おでんなどの汁物にも合います。半熟玉子を作るときは、玉子の殻を剥かずにそのままお湯で6分から8分ほど茹でるとできあがります。お好みに合わせて、茹でる時間を変えれば、黄身の硬さを変えられます。半熟玉子をさらに美味しくするならば、茹でた後に醤油や豚骨のスープに浸しておくと、味が染みます。一晩ぐらい染みこませた方が、中まで味が染みます。

豚骨ラーメンのトッピングとして、有名でおすすめなのが、明太子です。ご飯を用意して明太子を半分ずつご飯とラーメンに入れても、ラーメンの中で混ぜて食べるなど、トッピングの仕方も食べ方も人それぞれです。明太子は塩辛いので辛い物が好きな人におすすめです。もう1つ辛い味のトッピングとして、にんにくがあります。にんにくをすり下ろして入れると、豚骨スープの味を引き立ててくれて、さらに美味しくしてくれます。にんにくの粒のままトッピングするという方法もあり、この場合は、一度にんにくを加熱するか、レンジで30秒ぐらい加熱してから入れます。加熱すると甘みが出るようになり、加熱しないと辛いです。