本場の豚骨ラーメン

ラーメンは、醤油ラーメンや味噌ラーメンなどいくつかありますが、その中でも味付けが難しいといわれるのが豚骨ラーメンです。豚骨で出汁を取っており臭みを取るのが難しいですが、本場は九州博多であると言われており、博多の豚骨ラーメンはあっさりとした味になっています。

ラーメンラーメンはそのスープの味、そして麺の食感も大切ですが、引き立て役となるのがトッピングです。もちろん豚骨ラーメンにもトッピングはあり、いくつもの食材が使われます。本場博多の豚骨ラーメンのトッピングはシンプルであり、ネギだけというお店もあります。ネギの他には、チャーシューやもやし、海苔、きくらげなどがトッピングの食材です。博多のお店では、どこでもテーブルに紅ショウガと辛子高菜が置いてあり、これらは自由にお客さんが好きなだけトッピングできるようになっています。ただお客さんのほとんどは、このようなテーブルにあるトッピングは、豚骨ラーメンを食べながら徐々に足していくようであり、最初に一気に足すと、豚骨の味を薄めてしまうためです。トッピングを豊富に用意しているお店も多いです。

博多の豚骨ラーメンの麺は細麺であり、替え玉を頼むときに、テーブルのトッピングを足す人もいます。注文するときに麺の硬さを決めて注文できるお店も多く、自分好みの硬さの麺で豚骨ラーメンを食べられます。本場博多の豚骨ラーメンのトッピングも、もちろん自宅で作る豚骨ラーメンによく合い、ほかにもおすすめのトッピングはいくつもあります。