おすすめのトッピング

半熟玉子豚骨ラーメンでもおすすめのトッピングというと、半熟玉子があります。豚骨ラーメン以外のラーメンにも合うトッピングで、おでんなどの汁物にも合います。半熟玉子を作るときは、玉子の殻を剥かずにそのままお湯で6分から8分ほど茹でるとできあがります。お好みに合わせて、茹でる時間を変えれば、黄身の硬さを変えられます。半熟玉子をさらに美味しくするならば、茹でた後に醤油や豚骨のスープに浸しておくと、味が染みます。一晩ぐらい染みこませた方が、中まで味が染みます。

豚骨ラーメンのトッピングとして、有名でおすすめなのが、明太子です。ご飯を用意して明太子を半分ずつご飯とラーメンに入れても、ラーメンの中で混ぜて食べるなど、トッピングの仕方も食べ方も人それぞれです。明太子は塩辛いので辛い物が好きな人におすすめです。もう1つ辛い味のトッピングとして、にんにくがあります。にんにくをすり下ろして入れると、豚骨スープの味を引き立ててくれて、さらに美味しくしてくれます。にんにくの粒のままトッピングするという方法もあり、この場合は、一度にんにくを加熱するか、レンジで30秒ぐらい加熱してから入れます。加熱すると甘みが出るようになり、加熱しないと辛いです。

定番のトッピング

豚骨ラーメンの定番のトッピングと言えば、ネギがあります。トッピングにネギを入れるならば、少しでなくこれでもかとたっぷりと入れると良く、熱々のラーメンスープの中に入れると、熱で甘みの出た部分と、歯ごたえのある部分という2つの食感と味を楽しめます。またネギは豚骨ラーメンのスープと絡めて食べると美味しく、麺とスープとネギの組み合わせはとてもマッチします。

トッピング
画像出典:博多ラーメン鶴亀堂~愛知県・名古屋のとんこつラーメン

2つめの定番のトッピングと言うとチャーシューがあり、醤油ラーメンや味噌ラーメンでもおなじみのトッピングです。ラーメンには脂身の少ない部分を使う方が相性が良く、鍋で煮込むだけでも簡単に作ることができます。そのまま輪切りにしてトッピングしても、細かく刻んでトッピングしても、どちらでも美味しくいただけます。

醤油ラーメンなどほかのラーメンにはあまり使われませんが、豚骨ラーメンで定番のトッピングというとキクラゲがあります。食感がとても良く、濃厚な味になっている豚骨スープにぴったりの食材です。自宅で使うならば、乾燥キクラゲを水で戻すと簡単です。お店では千切りにして刻んでトッピングすることが多いです。一度湯通しすると、キクラゲが冷たくなく、温かい状態で食べられます。

本場の豚骨ラーメン

ラーメンは、醤油ラーメンや味噌ラーメンなどいくつかありますが、その中でも味付けが難しいといわれるのが豚骨ラーメンです。豚骨で出汁を取っており臭みを取るのが難しいですが、本場は九州博多であると言われており、博多の豚骨ラーメンはあっさりとした味になっています。

ラーメンラーメンはそのスープの味、そして麺の食感も大切ですが、引き立て役となるのがトッピングです。もちろん豚骨ラーメンにもトッピングはあり、いくつもの食材が使われます。本場博多の豚骨ラーメンのトッピングはシンプルであり、ネギだけというお店もあります。ネギの他には、チャーシューやもやし、海苔、きくらげなどがトッピングの食材です。博多のお店では、どこでもテーブルに紅ショウガと辛子高菜が置いてあり、これらは自由にお客さんが好きなだけトッピングできるようになっています。ただお客さんのほとんどは、このようなテーブルにあるトッピングは、豚骨ラーメンを食べながら徐々に足していくようであり、最初に一気に足すと、豚骨の味を薄めてしまうためです。トッピングを豊富に用意しているお店も多いです。

博多の豚骨ラーメンの麺は細麺であり、替え玉を頼むときに、テーブルのトッピングを足す人もいます。注文するときに麺の硬さを決めて注文できるお店も多く、自分好みの硬さの麺で豚骨ラーメンを食べられます。本場博多の豚骨ラーメンのトッピングも、もちろん自宅で作る豚骨ラーメンによく合い、ほかにもおすすめのトッピングはいくつもあります。